起死回生メモリアルアーチも、試合を決めたのは守備職人([野球]楽天イーグルス)

 やってきましたクリネックス。久しぶりの1軍観戦はマリーンズ戦。
できれば3タテを狙いたいところですが、過度な期待はせずにマリサポの応援を楽しみたい所存。

b0006405_271484.jpgb0006405_272649.jpg
 約束どおり憲史選手(左)と塀内選手(右)を撮ってきましたよ。

b0006405_293992.jpg
 サッカーボールがごとく円盤を蹴り上げるリンデン選手。まさかの優良助っ人は性格も明るいようだし
年齢も若いので、イーグルスに複数年いてくれるとありがたいのですが…



≪伝統的なイーグルス野球です。本当にありがとうございました(1~7回)≫
b0006405_2142635.jpg
今日の先発はイーグルス・長谷部。マリーンズ・唐川
期待の若手投手対決といきたいところですが、長谷部がピリッとせずエラーがらみとサブローの3ランホームランで4回までに5失点。大崩れしないまでも安定さに欠き5回から小山にマウンドを譲ります。

 対する唐川もそんなに調子良いとは思えないのですが、イーグルスがへちょいのか反撃には及ばず。完封の予感すらありました。


 5回前に試合が終わるという、まさに典型的なイーグルス野球。
それでも半ソデさんが大炎上しないだけの成長はあったかとちょっぴり感動した矢先に、
3番手のグウィンが里崎にソロホームランを浴びるとかカンベンしてください…orz


≪結果≫
b0006405_2435432.jpg

2009/08/16 クリネックススタジアム宮城 17,137人
楽 7-6 ロ
勝:福盛 負:伊藤

バッテリー(楽):長谷部、小山、グウィン、川岸、福盛 - 嶋、中谷
バッテリー(ロ):唐川、内、シコースキー、伊藤、高木、荻野 - 里崎



≪土壇場の350号ホームラン(8~9回)≫
 7回までに勝ちを確信したマリサポと負けを確信したイーグルスファンは帰り支度をして出て行ったので、
スタンドに残るのは野球好きかあきらめが悪いヤツかドMしか残っていない状況。
さすがに8回ウラで0-6は負けだろうと思っていたのですが、4番・山崎が通算350号となる3ランホームランで3-6!ほぼ完封ペースだった唐川を攻略し、反撃への機運が高まりました。

b0006405_2565063.jpg
記念の花束とプレートを受け取る山崎選手。終戦ムードを一蹴する一打に球場が沸いた。

 たまらずマリーンズはリリーフにを投入。しかしこれがピリッとせず、リックのタイムリーで4-6といよいよ射程圏内に追い上げたイーグルス。マリーンズは内を諦めシコースキーをマウンドへ。8回はしのいだものの、9回ウラ、山崎が2打席連続のホームラン6-6の同点!まさかの延長戦突入です。

 今思うと小山、グウィンは今期前半の勝ちパターンの投手起用なんだよな。ノムさん的に思うところがあったのだろうか?

≪これが野球だ!(10~12回)≫
 延長戦に入りこう着状態が続く中、川岸-福盛の磐石(?)リレーでマリーンズ打線を沈黙させたイーグルス。
負けが消えた12回ウラ、マリーンズの4番手リリーフ・伊藤が気落ちしたのか3番・鉄平、4番・山崎と2者連続死球。山﨑さんにいたっては3連続ホームランの期待があっただけに「わざとぶつけたのか!」とスタンドからはブーイング。

 5番・憲史四球でノーアウト満塁。マリーンズは守護神・荻野を投入。
頼みの綱であるところの6番・高須が見逃し三振。引き分けを覚悟しましたが、10回から代走で出場していた7番・小坂サヨナラタイムリーヒット7-6のサヨナラ勝ち!普段は守備で魅せる男の一打により、クライマックスシリーズ出場にまた一歩近づきました。ライオンズの背中が見えてきたからね。このまま一気に追い抜きたいところです。

b0006405_348296.jpg
 殊勲打を打った小坂選手に駆け寄るイーグルスナインと、憮然とした表情のサブロー選手。

b0006405_3505592.jpg
 野村監督と握手を交わす小坂選手。

b0006405_355269.jpg

[PR]
by nana75 | 2009-08-17 07:20 | イーグルス

暗黒都市Swendieに負けそうな日々の記録をつれづれと…アニメとイーグルスに逃避してorz


by なすのはやて
プロフィールを見る
画像一覧