半ソデ力投!延長11回を制して連敗ストップ ([野球]楽天イーグルス)

 やってきましたクリネックス。
公的事情により一度は観戦をあきらめかけましたが、今期初先発の片山が3回までしっかり抑えてるとあっては居ても立ってもたまらずKスタに駆けつけましたよ。

≪谷間とは言わせない投手陣の意地を見た(1~7回)≫
 今日の先発はイーグルス・片山。オリックス・金子(千)。
片山はドラ1で期待されながらも結果が出ず打者転向のウワサもありましたが、
フタを開けてみれば危なげの無い投球でオリックス打線を抑えます。

 ニコ生ではもったいないとKスタに行ったら、ピッチャーは既に山村へスイッチしていました。
2回にイーグルスが先制しているのですが、金子の調子も悪くないので
状況としてはイーグルスの自滅待ちといったところ。

b0006405_112196.jpg
 有銘をはさんで7回からは辛島を投入。
必勝リレーに持ち込んで逃げ切りたいイーグルスですが、疲れと寒さからか長打気味のあたりを連発される辛島。オリックスの9番・大引に代わっての代打・塩崎にソロホームランを浴びて同点となってしまいます。

b0006405_121558.jpg
 どんでんの代打策成功。若き中継ぎエースを打ち込まれてしまったイーグルス。
ファンの間には一抹の不安がよぎりました。


≪結果≫
b0006405_1111411.jpg
2010/04/30 クリネックス宮城 12,674人
楽 2-1 オ
勝:川岸 負:小松
バッテリー(楽):片山、山村、有銘、辛島、小山、川岸 - 嶋
バッテリー(オ):金子、平野、小松、レスター - 前田(大)、鈴木


≪半ソデ魔人現る。そして意外な結末が(8~11回)≫
b0006405_1151840.jpg
 8回からは半ソデさんが登板。前の回で追いつかれたショックと初年度からのトラウマで帰り始めるファンも多かったのですが、期待(?)に反して小山が好投。味方の好守にも助けられゲームは延長戦に突入します。

b0006405_1235985.jpg
 10回表、4番・北川の打席にてセカンドへの送球がセーフになったことに関して二塁審・栄村へ詰め寄るブラウン監督。3塁側から見たかぎりはセーフっぽかったのでスタンドからはブーイング。
ベース投げも期待されましたが(!?)、結局判定はそのまま。9回にはオリックス・塩崎の疑惑のファールの件もあり、両者痛み分けとなりました。


 11回表は新守護神・川岸が気迫のピッチングでオリ打線を零封。
するとその裏、いよいよ寒風吹きすさぶKスタに奇跡が起こりました!

 西村倒れて1番・聖沢がフォアボールで出塁、2番・高須のやんごとなきヒットで1アウト1、3塁。
3番・鉄平を敬遠するとオリックスは小松をあきらめレスターにスイッチします。

 イーグルスに代打要員がいないと踏んでいたようですが、ここでブラウン監督は4番・内村の代打に渡辺(直)を投入。チームの方針で今日は休養日だったはずの男が一打サヨナラの場面で華麗なタイムリーヒットを放ち2-1と勝ち越し!4時間越え、延長11回の長い試合に終止符を打ちました!!
b0006405_1484643.jpg
 悪い流れを断ち切る一打で手荒い祝福を受ける渡辺(直)。さあ、ここから連勝スタートだ!

b0006405_1512156.jpg
 いぜん弱いながらもチームの成長を感じた1戦でした。
1、2年目と比べれば各ポジションを全うできる選手が現れてきた。
半ソデさんの今の活躍を思えば再開をひた走ってきた日々も決してムダではなかったし、
おっさんばかりだったチームに嶋、聖沢、辛島といった1軍定着する若手も出てきた。

 ようやく普通のプロ野球チームになってきたのがうれしい。
前監督のノムさんが居なければ、あと何年かかったことか。ノムさん続投の声はありますが、他球団見ても長期政権はそんなに無いので、「トップが替わってもチームとして機能できるか」。これが今イーグルスに課せられた課題なのかもしれません。
[PR]
by nana75 | 2010-05-01 02:00 | イーグルス

暗黒都市Swendieに負けそうな日々の記録をつれづれと…アニメとイーグルスに逃避してorz


by なすのはやて
プロフィールを見る
画像一覧