打率.010 ([アニメ]ドラえもん)

 続きでーす。
Aパート「のび太ロケット銀河へ!」で、もうおなかいっぱい。
これだけ面白いならBパートはちょっと軽めの話で
クールダウンかと思っていたのですが…

「ピンチヒッター・メガホン」
 今回のドラはそれを許さなかった。
エンディングのクレジットを見た限り再放送。
しかし、再放送であるが故に最近ではあまり目にすることの無い
破壊力のある話が展開されるのであった(ちょっと誇張気味)。

 のび太が野球からしょんぼりして帰ってくる。
「また負けたのか」とのドラの問いに、試合には勝った」というのび太。
その実、最終回二死満塁で打順がまわってきたのび太が
ヘタクソなりに打つ気満々だったのにツーストライクで代打出木杉
見事満塁サヨナラというのび太的に面目丸つぶれな話。
 ドラえもんではよくある前フリネタだが、
なんとこの口で説明すれば10秒もかからないような試合シーンを
何故か3分もまるっと映像化しているのだ。
「ひょ、ひょっとしてと思って…」と上目づかいに言い訳する
しずちゃんは萌えだが、別にこの演出はいらないのではなかったか。
が、これは始まりに過ぎなかった。

 ママと草むしりの約束をしていたのび太。
そのご褒美としてパパがマンガを買ってくれる約束だけど、
野球で疲れてめどい。
そこでドラが「ピンチヒッター・メガホン」を出す。
これで「○○のピンチヒッター!」と言うと、○○のかわりに近くの動物が
身代わりになってくれると言う道具。
早速のび太は道具を使っていやな事をどんどん身がわってもらうのだが、
とにかく周りの人が異常。

 他所んちの犬がオバサンを引きずり回しながら草むしりしてるのに
「メリーちゃん、ちゃんと草むしりしないと承知しませんよ」
って、なんでママ偉そうなんだ!
どうやら身代わられた動物は元々の人と同格に扱われるらしい。
ここからの展開がまたひどい。
取ってつけたかのようにジャイスネに同伴するムク
モチロンのび太の代わりにジャイアンと相撲をとるムク。
そこへいきなし先生登場。カエルに身代わりになってもらうのび太。
「ケロケロ」
「返事は"ハイ"だ。土の中に入ってる場合じゃないだろう。」

 しずちゃんと出木杉を発見。くやしい。でも…ピンチヒッター出しちゃう。
「しずちゃんに代わって出木杉と仲良くするピンチヒッター!」
黒猫登場。
「しずかちゃんゴメン。僕どうしてもこの猫と話さなきゃならないんだ。」
しずちゃんを置いて猫と甘いトークをしながら自転車を引いていく出木杉。
で、しずちゃんに手を出さないのび太。いやがらせかよ。

その後もみんなどんどんぶっ壊れていく。
そんな狂気を秘めつつも物語が進行していくあたりFっぽくてよかった。
オチはひどかったけどね(良い意味で)。ママ萌えにはお勧め。(ひどいオチ)
[PR]
by nana75 | 2005-02-19 17:57 | OTAKU

暗黒都市Swendieに負けそうな日々の記録をつれづれと…アニメとイーグルスに逃避してorz


by なすのはやて
プロフィールを見る
画像一覧