[小説]散歩のとき何か食べたくなって

 小説というよりは随筆ですね。エッセイ。
由乃んに影響されて「よぅし、池波ってみるか」と手に取ったのがコレ。
鬼平じゃないのかよ。と、ツッこむなかれ。コレはコレでなかなか良かった。

 池波正太郎のなじみの店を書き記したもので、
一見すればジイさんが「昔は良かった」とか言ってるような文章だが、
よくよく読むと「食」というものについていかに無頓着であったか、
ファーストフード的なものにいかに毒されていたかを考えさせられる。
(文中にファーストフードについては特に書かれてはいない。
 しかし、作者がこの文章を書き上げたのが昭和52年ごろ。
カップめんやマック1号店が登場したのが
昭和46年ということを考えるとなかなか興味深い。)

 とりあえずソバ日本酒買ってきちゃったよ。
マジそんな気持ちになるので、ヒマな方はぜひ。
(由乃「令ちゃん、おソバには日本酒って言ってたでしょ!」
 令「ちょ、ちょっと待って由乃。まだ早すぎるわよ」
 由乃「みつからなきゃいいのよ。
    ほら、ここにおじさまのが隠してあるってちゃんと知ってるんだから」
 令「よしの~」
…って、やってそうだな。もちろん本当に飲む(飲まされる)のは令さまw)

[PR]
by nana75 | 2005-05-07 18:04 | OTAKU

暗黒都市Swendieに負けそうな日々の記録をつれづれと…アニメとイーグルスに逃避してorz


by なすのはやて
プロフィールを見る
画像一覧