サブロー怒りの満塁弾!延長戦制せず3連敗 ([野球]楽天イーグルス)

 やってきましたクリネックス。天気は雨の予報だったので、空いていると思ったのが甘かった。
今シーズンKスタで行われるマリーンズ最終2連戦だけあって、大変な人だかり。
オリオンズのユニフォームとか着ている人もいて、イーグルスもかくあるべきだと思いましたよ。

b0006405_23134777.jpg
毎年恒例の焼きサンマ。お腹が減ってなかったので御相伴には預かりませんでしたが、
煙の匂いをかぐと居ても立ってもたまらりません。

b0006405_2316659.jpg

守備練習中の今江(左)と西岡(右)。
今江はキャッチングのときにワザとお手玉したりとか
超リラックスムード。今期はバッティングの調子も良いだけに、
イーグルスにとっては脅威です。


b0006405_23183788.jpg
トスバッティング中の里崎(左)。
日本代表は謎な起用をされ成績も散々でしたが、その悔しさはペナントレースへぶつけて欲しい。
でも、イーグルスにだけはお手柔らかに…orz

b0006405_23225673.jpg
バッティング練習中の(左)と素振りをする大塚(中)。あと、今江(右)。

b0006405_2327619.jpg
実は去年までファイターズ戦を全く見に行ったことがないので、初セギノール
これだけの強打者なのにスイッチヒッターだなんて不思議。塩川も見習え!

b0006405_23285360.jpgb0006405_2329579.jpg
リックもでかいほうだけど、もうひと回りでかいねセギノールは。
試合前はホセといっしょに走りこむ姿も見られ、チームへの適応も問題ないようです。



≪調子で勝り、内容で??(1~2回)≫
b0006405_23342177.jpg
イーグルスの先発はマー君。対するマリーンズは成瀬
共に北京五輪の日本代表でしのぎを削った好投手だけに
投手戦が期待されます。

b0006405_2348950.jpg
…と思ったのですが、先制したのはイーグルス。
1回ウラ、立ち上がりピリッとしない成瀬を攻め、
3番リックタイムリー1-0

今日の成瀬はボール球が多く、
逆にマー君はストライク先行していただけに
この1点だけでも勝利は確実と確信していました(ファンの欲目とも言う)。


b0006405_23435530.jpg
 ところが2回表。マリーンズ5番・大松の放ったホームランで同点1-1
スラッガーの活躍に、空模様同様イーグルスにも暗雲が立ち込めます。


≪セギノール、4番の重責を果たす(3~5回)≫
b0006405_2352428.jpg
 その心配を振り払うかのように3回ウラ、
3番・リック、4番・セギノールの連続タイムリー3-1と2点のリード!
イーグルスにしては早い味方の援護に、マー君のピッチングも相当楽になったことでしょう。

b0006405_095028.jpg だが、本日絶好調の大松が4回ウラにタイムリーを放ち
3-2と追いすがります。

 イーグルスの戦力からすればこれ以上の得点は
望めないのでハラハラしましたが、5回ウラ、
セギノールがホームランを叩き込み
4-2と再度引き離します。
さすがにここまでやれば勝てるだろう。

≪まさにボビーマジック(6回)≫
 そう簡単に勝ちを譲るほどマリーンズは甘くなかった。
雨が微妙におさまり雨天コールドの当てが外れた6回表、
マー君は多少コントロールが甘くなったのか1死2、3塁のピンチ。
ここで今日当たっている5番・大松を敬遠します。

b0006405_0235073.jpg
そこで奮起したのが6番・サブロー
「ナメられてたまるか!」とばかりに
逆転満塁ホームランを放ち4-6
今期2本しかホームランを打っていなかった男の
意地の一発にマリサポは狂喜乱舞、
イーグルスファンは( ゚д゚)ポカーン

 マリーンズの下位打線が点の取りやすい構成に
なっていたとはいえ、これはあんまりだ…orz

b0006405_0341562.jpg
やたらロージンバッグをもみもみするマー君。
断続して降る雨が彼の指先の感覚を狂わせるのか?



≪結果≫
b0006405_0412784.jpg
2008/08/30 クリネックススタジアム宮城 19,971人
楽 6-8 ロ
勝:荻野 負:川岸
バッテリー(楽):田中、佐竹、小山、川岸 - 嶋
バッテリー(ロ):成瀬、小宮山、シコースキー、川崎、荻野 - 里崎


≪イーグルスのほうそくがみだれる(7~10回)≫
 前回7/13の観戦で、イーグルスは夏バテしてるんじゃないかと思ったが、
事態は思ったより深刻だ。

b0006405_0485594.jpg 確かに新4番・セギノールの存在は日を増すごとに増している。ファイターズのクリーンナップを担っただけの事はあり、
どこからでも点を狙えそうな独特の風格を持っているようで、9回ウラぎりぎりの場面での同点ホームランを打つなど調子もいい。

『独特の風格』は去年の山﨑さんやホセも持っていたが、
今日の試合を見る限りでは単なるブレーキにしかなっておらず、2割そこそこのズレータよりも怖さを感じなかった。

1年間常に調子が良いとは限らないが、
代打で出た吉岡礒部のバッティングや
雨によるアクシデントとはいえ10回の高須の守備を見るに、
世代交代は急務だと感じた。

 セギノールが来期も継続してくれれば良いが、
打撃力のある若手が他球団と比べて台頭していない現状を考えると大規模なトレードも考えたほうが良いのかもしれない。


b0006405_059350.jpg
現有の選手でこのままいく場合、カープほどじゃないにしても
バントなど堅実なプレイがもっと精度良くできると、また違うと思う。
少なくとも今日のマリーンズは要所で里崎や大塚が綺麗にバントを決めていた。
こうした地味なプレーが満塁ホームランや逆転打を生む。

b0006405_152263.jpg
何はともあれシコースキーが見れて良かった。
また明日も見たいな。できれば敗戦処理で…orz


[PR]
by nana75 | 2008-08-31 01:08 | イーグルス

暗黒都市Swendieに負けそうな日々の記録をつれづれと…アニメとイーグルスに逃避してorz


by なすのはやて
プロフィールを見る
画像一覧