満足の操作感 ([周辺機器]GPX-200)

 その昔、某エレコムのサタパもどきが3回ゲームやっただけで壊れて以降、
ゲーム屋さん以外のいわゆるサードパーティ製のゲームパッドは敬遠していたのですが、
GPX-200はそんな偏見を払拭する操作感でした。さすがは入力デバイスの雄・ロジクール。

 要はプレステのコントローラのゴニョゴニョなのですが、スタート・セレクトボタンの位置が上すぎるのと、
本家(!?)と比べて微妙に肉付きがいい以外は、握った感じしっかり来る。
十字キーはサタパと同じようにグリグリできるのも良し(それ目当てで買ったようなもの)。
ホイールがサタパと比較してちょっと小さめですが、押した感触はGPX-200のほうがしっかりしています。

 早速地霊殿で試してみました。上でも述べたとおり、ボタンを押した感触がしっかりしているので、
チョン避けや弾幕のスキマをぬった動きがしやすくなった気がします。
「反応遅延を極限まで減らし」ているらしいので、そのへんも影響あるかもしれません。
キャットウォークで全滅したのは自分の腕が悪いということで…orz

 後は耐久性がどの程度なのか気になるところ。
ゲーム屋さんの並にしっかりしているようなのですが、買い替えを見込んでか
サードパーティ製のはバネやゴムキャップがへちょい傾向があるので(偏見)、
緋想天なんかで酷使して確かめてみるか。少なくとも、某エレコムのよりは長持ちしそうです…orz
[PR]
by nana75 | 2008-10-21 02:09 | OTAKU

暗黒都市Swendieに負けそうな日々の記録をつれづれと…アニメとイーグルスに逃避してorz


by なすのはやて
プロフィールを見る
画像一覧