<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

上海アリス幻樂団 第八回博麗神社例大祭にて新作体験版配布 ([同人ゲーム]東方神霊廟 ~ Ten Desires.)

 3月13日に開催される第8回博麗神社例大祭において、
上海アリス幻樂団の東方Project第13弾『東方神霊廟 ~ Ten Desires.』体験版が配布されるようです。

 体験版ながらナンバリングタイトルの最新作なだけに、
ゲーマーはもちろん創作サイドからの関心も多大であると思われます。

 今回の作品は「神霊」と呼ばれる霊が増殖するという異変に立ち向かうといった内容。
自機はいつもの博麗霊夢霧雨魔理沙と星蓮船に引き続き東風谷早苗
そしてまさかの魂魄妖夢の4機体制。

 妖夢は永夜抄あるいは花映塚以来の自機。新シリーズになってからは初の登場。
これは他の5ボスにも期待が持てる展開なのか、格ゲーサイド(緋想天等)に登場するキャラのみの特権なのか。
立ち絵が非常にかわいいので昨年のしまむら妖夢のような潜在的人気も手伝って、
今年の二次創作では注目株になりそうな予感です。

 "神霊を有効利用しようとする早苗"に泣いた。
清純→ビッチにクラスチェンジどころかハラグーロじゃないですかー!

 元ネタ云々は考察系の方に任せるとして、神主のBlogに掲載されているスクリーンショットでは
スペカ、グレイズのシステムは健在。画面左下のドクロは春度みたいなギミックがあると思われます。

 あと霊夢さんの血色がいい。暮らし向きがだいぶ改善されたようです(!?)
[PR]
by nana75 | 2011-02-28 09:18 | 東方

新作があるかもしれない

 最近の神主のついったを見てると、例大祭に上海アリスの新作ありそうな予感がする。
夏コミは申し込んでいるようなので、二軒目ラジオのコメントからしても
何らかの体験版が配布されるのではと思います。
それがナンバリングタイトルなのか、花映塚2なのか。今後の動向に注目です。

 ちなみに例大祭が3月開催になってからの新作発表タイミングは、

第6回(2009年3月8日開催)『東方星蓮船』が2009年2月26日。
第7回(2010年3月14日開催)『ダブルスポイラー』が2010年3月3日。

と、例大祭開催日のほぼ2週間前以内に発表されております。


 神主が13にこだわってるのには何があるのかを考察しても面白いかもですね。
仮にナンバリングタイトルだったら、次はポスト紅魔郷とも言うべき洋風の作品がくるのではないかと
予想しますが、はてさて。
[PR]
by nana75 | 2011-02-28 02:23 | 東方

お買い物 - 2011/02/27

[マンガ]夢喰いメリー #1 (牛木義隆)
[マンガ]夢喰いメリー #2 (牛木義隆)
[マンガ]みつどもえ 11 (桜井のりお)
[マンガ]迷い猫オーバーラン! 2 (松智洋、矢吹健太朗)
 多少のアニメ補正があるとはいえ、夢喰いメリーはもっとはやくに読むべきだった。
とりあえず少しずつ買いそろえる予定。

[PR]
by nana75 | 2011-02-27 21:23 | 買い物

ニコニコ静画に『東方Projectポータル』が登場

 ニコニコ静画に『東方Projectポータル』なるサイトが登場したようです。

 主にニコニコ静画やニコニコ動画にうpされた東方Project関連作品の
ランキングや生放送、その他ニコ動がらみのイベント情報などがチェックできるようです。

 これだけのコンテンツを抱える中でむしろ遅いくらいですが、
いまや界隈にも影響を与える巨大コミュニティ・ニコ動のオフィシャルサイトなだけに、
今後どのような取り組みがなされるか注目です。

 来月行われる例大祭後には昨年同様ZUN氏を招いた打ち上げ会も生放送されるようで、
そちらも注目です。新作プレイとかあるんでしょうかねぇ…
[PR]
by nana75 | 2011-02-26 01:20 | 東方

お買い物 - 2011/02/20

[同人誌]Romancing Train (酉京都ツアー御一行様)
[同人誌]境界の向こう側には (版創工楼)
[同人誌]おもいおもい (8bit)
[同人誌]迷い猫 (8bit)
[同人誌]ひみつのおはなし (poprication)
[同人誌]阿求の騒騒しい鼎談 (世界地図は血の跡)
[同人誌]鉄道の国のありす6 (くろがね本舗)

 たまってた休みを若干取り戻したものの、大半を体調を回復するのに費やし思うように作業が進まず。
年々次の日が来るのが怖くなって、夜更かししてるうちに昼まで寝てしまう悪循環です。

 それでもなんとなくandroidの環境は作れたからね。
面白いことができるといいのですが、まずはサンプルプログラムを打ち込んで修行中です。


 例大祭前に秘封成分をがっつり補給できました。
「Romancing Train」は合同誌ながらどの話もハズレなし。
卯酉蓮子ってあまり観ないからちょっとうれしかったり。

 版創工楼さんの「境界の向こう側には」は立ち止まっていられない感じが好き。
お茶してるとき以外は動きまくってるのが秘封倶楽部のイメージなので。

 くろがね本舗さんの「鉄道の国のありす6」はまさに俺得で広島電鉄の話。
総集編が出るらしいので楽しみです。

[PR]
by nana75 | 2011-02-21 23:50 | 買い物

第8回東方シリーズ人気投票 反省会

 東方Wikiにて『第8回東方シリーズ人気投票』の投票結果が発表されました。
とりあえずオイラの投票結果の反省をば。

[キャラ部門](◎は一押しキャラ)
17位↓ : ◎パチュリー・ノーレッジ
34位↓ :  多々良小傘
18位↑ :  河城にとり
25位↑ :  鍵山雛
62位- :  茨木華扇


[音楽部門]
48位↓ : ラクトガール ~ 少女密室
145位↓ : プラスチックマインド
5位→ : 少女さとり ~ 3rd eye
72位↓ : 夢消失 ~ Lost Dream.
190位↓ : 閉ざせし雲の通い路
161位↓ : エニグマティクドール
120位↓ : Romantic Children

 キャラ部門に関して。
パチュリーは年々順位を落とすものの10位台をキープ。
最近同人誌などで扱われることが多くなったのでもしやと思ったが、そんなことはなかった。

多々良小傘はランクダウン。
前回許されざる大躍進を見せた東風谷早苗(6位)も順位を落としているので仕方ない結果。
このまま早苗のバーターではオータムライン落ちもありえるが、星勢では動かしやすいキャラ。
2ボスなりの生き残り方はすると思う。みょんに妖怪に向いてなくてかわいいんだけどねぇ。

※オータムライン…秋静葉、秋穣子の姉妹で形成される分岐点のこと。
           彼女らオリキャラ(?)よりランクが下回ることすなわち『不人気キャラ』とされる。


河城にとりは何故かランクアップ。茨花仙効果か。
2次創作では幻少紅にも出てたし、良い性格のキャラなので好感度は徐々に上がりつつあると思う。

鍵山雛はしっかり。
秋姉妹ほどではないにしてもゴスロリキャラとして手堅い人気はあると思う。
みまQの製作者もプッシュしているキャラなので、そのへんも後押ししたのかもしれない。
(にとりんと雛山は東方M-1の影響もあるとの情報あり。それは強いかもしれない)

茨木華扇は雑誌のみで、話がまったく進んでない状況でのこの順位はさすが。
同じ新規組の姫海棠はたて(42位)にこそ及ばずオータムライン落ちしたものの、
雑誌出身でゲームキャラに昇格した三月精には勝っている。
コメントを見るとキャラ人気は既に一定のものがあるので、今後の物語の展開次第で
更なる躍進が期待される。


 全体として。
古明地さとりが地霊殿当主としての地位を固める(5位)一方で、
EXボス・古明地こいしは語られる作品が多くなってきたためか15位と躍進。
逆に星蓮船の聖白蓮(19位)、封獣ぬえ(38位)といまいちな状況。更なる作品の後押しが期待される。

 射命丸文が10位とまさかのトップ10返り咲き。
ダブルスポイラーでビッチキャラを払拭しないまでもさらに昇華して、面白みのあるキャラになったのが勝因か。

 風見幽香の3位はだいぶ前の藤原妹紅よろしく、強い女を求める流れかと。
Win版のみで考えるとどちらもそんなに実績のあるキャラではないので、
2次創作方面での盛り上がりが後支えしてると思われ。
幽香りんほどのキャラなら、みまQはそれほど関係ないと思う。
逆にみまQのランクも強キャラを渇望するファンの思いの表れではないだろうか。

 逆に旧作や秘封を求める声はあっても、現実には票に反映されないもんだとつぶやいてみる。

 後は考察系の人待ちだねぇ。霊夢さんはともかく上位キャラなんてのはほとんど誤差程度で、
票が動けばマガトロンさんが3位もありえそうな感じ。
幽々子やくれないみすずさんなど固定ファンがいるキャラはやっぱり強い印象でした。


 音楽はこんなもんかな。完全趣味なので。
「少女さとり ~ 3rd eye」がキャラと連動しているのは面白いね。マジで地4面は奇跡。
「感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind」が定番化しつつあるのと、
「神々が恋した幻想郷」が風の3面道中曲ながら圧倒的な支持を集めているのも興味深いですね。
(初出でうっかり道中曲の順番を勘ちがいしてました。
風1面道中曲「封印されし神々」は211位。いい曲なんですけどねぇ)

[PR]
by nana75 | 2011-02-20 01:45 | 東方

すべては収束するようにできている ([アニメ]AngerBeats)

 しばらくAnimaxの深夜帯でやっていたので、ほほ全話視聴。
去年の夏あたりも歯抜けで観てましたが、実に面白い作品でした。

 他の作品と比較して何が良かったかなんてのは不毛なので、
オイラが何が好きで観ていたかを書き連ねてみる。


 まず、ゲーム感覚のノリがよかった。
「天使」といったわかりやすい敵がいる。「死んでたまるか世界戦線」という組織がある。
何度死んでもリトライできる。(既に死んでいるので)個性的な仲間がいる。

 そこにご都合主義や多少の矛盾があってもかまわない。
その世界観の中で起承転結をつけて13話きっかりやりきったのがよかった。

 ゆりっぺは良いキャラだったと思う。
「酷いあだ名。でも、そのおかげでみんなに慕われたのかもね。ありがと」
のせりふはグッときた。自分から梯子を降りることができるタイプなのだと思う。
まさにリーダーになるべきキャラだった。
(本放送時にヘタな煽りを入れたNewtypeは絶許。おかげでこの作品の面白さに気付くまでずいぶんかかった)

 バカキャラにもそれなりの過去があるのが良かった。
ユイにゃんにしても、文人にしても。
TKは…逆に謎なのがアイデンティティだからアレで良し(^^;

 天使という明確な敵がいなくなった後、最終的に自分たちが存在する世界が「敵」となったこと。
その過程で皆思いを遂げられたという展開が良かった。

 それこそご都合主義かもしれないけれど、残ったキャラクターの「キャラクター性」のみに頼り切って話を強引に進めたり、某マイトガインのように今まで何も語られてこなかった方向からラスボスをムリヤリでっち上げるなど、過去に残念なアニメがたくさんあった。それを考えると、すべてがきれいに収まるラストなのである。

 だから実際「AngerBeats」の物語は12話まで。
13話はエピローグ。完全にこれまで見てきたファンに向けた話なのだと思った。
そこは「ファンなら(6点)」で良いと思うし、ゆりっぺとかなでがもう少し早く和解していたらとか、
音無がそのまま世界に残り続けていたらとか想像できてよかった。

 あの世界で「卒業」したらその先にあるのは未来ではなく、本当に一巻の終わりなのである。
それでも終始あっけらかんとし、現世(?)に納得し来世に多少なりとの希望を持ちつつ去るのが良かった。

 オチのカットも来世なのか、登場人物が全員夢をかなえているパラレルワールドなのか、
まったく異なる世界なのかわからないが、最後まで悲壮感がなくむしろ希望を持てる作品だったのが良かった。
[PR]
by nana75 | 2011-02-19 22:11 | アニメ

第8回東方シリーズ人気投票

 今年も東方Wikiにて例大祭前の好例イベント『第8回東方シリーズ人気投票』が開催されました。

 目立った新作がないまま(!?)向かえた人気投票ですが、
新キャラがほぼ既存キャラといっていい三月精の面々と、けっこうな腕前じゃないと会えないはたn
掲載誌を入手すること自体が難しい茨木華扇ちゃんなので、
過去作のファンを中心にした地固めが行われるものと思います。

 そういった意味では、本当の東方界隈での人気がわかるチャンスなので、
いつも以上に注目していきたいですね!

ちなみにオイラの投票結果は以下。

[キャラ部門](◎は一押しキャラ)
◎パチュリー・ノーレッジ
 多々良小傘
 河城にとり
 鍵山雛
 茨木華扇


[音楽部門]
 ラクトガール ~ 少女密室
 プラスチックマインド
 少女さとり ~ 3rd eye
 夢消失 ~ Lost Dream.
 閉ざせし雲の通い路
 エニグマティクドール
 Romantic Children


 キャラについてはみまQメンバーの3人と、ゴスロリ枠で雛さま、
そして今年から本格的な飛躍が期待される華扇ちゃんをチョイス。
育成枠という意味では去年チョイスしたナズーリンが界隈でも認知度が高まっているので
個人的にはうれしい限り。

 ほんとは文たんとかさとりんも入れたかったけどね。
文たんは一時期のビッチキャラからさらにひと回りして、
ちょっとエッチなギャグキャラにクラスチェンジしてる気がするので。

 それは後輩格のはたての存在が大きいのかと。
設定上は存在してもゲーム本編に仲間らしい仲間がおらず(椛も本編で立ち絵無いし)、
主役級なのにわりと拠り所がなかった「射命丸 文」に他勢力に対抗できるだけの仲間が増えたのはおもしろい。

 音楽に関しては上から4曲は個人的に鉄板で、去年からの継続で星2面道中曲をチョイス。
残り2枠で以前から好きだった「エニグマティクドール」と旧作推しで「Romantic Children」をチョイス。
この辺は個人的趣味の範疇なのでランキングは気にすることなく。
ただ旧3部作の牙城が崩れるのか、音楽に新旧関係ないのか気になるところではあります。
[PR]
by nana75 | 2011-02-13 00:43 | 東方

ニコ生で紅白戦を観る

 ニコ生でイーグルスの紅白戦がやっていたので視聴。
結果的に13-0で紅チームの圧勝。同チーム内での対決なので、喜んでいいのか悲しんでいいのか(^^;

 中川西田といった若手が仕上がりが早いせいか大活躍といった印象。
テスト入団中のスパイアーという外国人投手も迫力があって面白い存在でした。

 今日先発の紅チーム・井坂は最初苦しみましたが、徐々に持ち直して3回を0封。
逆に白チームの先発・栂野は立ち上がりから期待させるピッチングをしていたのに
ボークするなど崩れ初めて2失点で降板。キャッチャーの中谷も本調子じゃないようで。

まだキャンプ中だからこんなもんとは思いますが、シーズンインして『嶋鉄拳』にならないことを祈ります…orz
[PR]
by nana75 | 2011-02-12 17:25 | イーグルス

例大祭は2度ある

 ぱちぇ様ナノブロックを制作のしおりさんに捕捉していただいたようです。
第8回人気投票の支援リンクから来てくださった方も含めて、この場を借りて感謝!

「次の投票はパチュリーに清き1票を」…というか、そこは自由意志なので
最後の1人に迷った時にパチュリー・ノーレッジという素敵な魔女がいたことを
思い出していただければ幸いです(^^;


 とりあえず例大祭のカタログをチェックしたところ、
東2・3ホールは1810サークル、東3・4・5ホールは2965サークル。計4775サークルの参加とか。

 今回は去年東3ホールだった音屋さんやグッズ系サークルが神主のいる側に配置されており、
風以降のジャンルが東2・3に集中しているようで。

 最近の動向を考えると風地星は気になるけど、神主も気になるって人には当日まで悩ましい日々が続きそう。
茨歌仙ネタを出すサークルさんがあるのかも気になるところです。


 気になるニュース2点。
まずは例大祭SP2開催とか。
正直『全国大会』レベルのイベントを8、9、10月と続けるようになるのは
ジャンルのためにならないんじゃないかと思うのですが、”交流の場”という理念どおりであれば
否定するところではないので、今回の開催で何らかの答えが出ることに期待。

 もう1点は、10月開催予定だった『杜の奇跡19』が諸事情よりいったん開催を白紙にするとのこと。
「地元のみならず他イベントとの、日程の調整が付かず」とあるので
サンクリや紅楼夢とのバッティングがあったと思われますが、大イベントや首都圏のイベントで
地元系サークルが流出するのは一般参加する側としても好ましくない。
なるべく年2回開催を維持できるような方向で解決されることを望みます。


 11月開催になると秋姉妹の下僕にならざるを得ないから、どの道きびしいんだけどね…orz
[PR]
by nana75 | 2011-02-07 00:48 | 東方

暗黒都市Swendieに負けそうな日々の記録をつれづれと…アニメとイーグルスに逃避してorz


by なすのはやて
プロフィールを見る
画像一覧