タグ:tips ( 3 ) タグの人気記事

HTC Desire HD(001HT)とiTunesの同期について

 備忘録としてメモ。他のスマホでも参考になるかも。(下記手順は自分の環境でのパターンです)

1.HTC Syncを使う

 『HTC Sync』とはHTCが自社製端末用にリリースしてる同期ソフト。
詳しくはgokwさんのサイトを参照。

 便利さはお察しください…orz
まともに同期できたのが初回1回のみ。後はiTunesのプレイリストを認識しなくなった。
ソフト自体、設定項目がほとんどないので対処しようがない。
あえて言おう、カスであると!


2.doubleTwistを使う
 こちらが本命。
(1)doubleTwistをダウンロードしてインストールする。
(2)起動したらメニューから[編集]-[設定]を選択。
 ・「メディアの保存場所の選択」はディスクの空き容量に余裕があるドライブに適当に設定する。
 ・「doubleTwistの起動時に」は、「iTunesのプレイリストを再読み込み」を選択すると楽できるかも。
(3)スマホを外部ストレージとして読み込めるモードにしてPCに接続。
(4)doubleTwistとスマホの同期が終わるまで待つ。

 同期ができたはずなのに、スマホでMeridianメディアプレーヤーを使用すると
何も同期されてないように見える場合がある(プレイリストが表示されない)。その場合、

(5)デフォルトでインストールされている「音楽」というソフトを起動すると
Meridianメディアプレーヤーのほうでもプレイリストが反映される。

 これでオイラの音楽ライフは復活した。
[PR]
by nana75 | 2011-06-16 23:45 | OTAKU

[JAVA]JAVAで構造体配列を扱う方法

 「JAVAには(VBやCのような)構造体が無い」という衝撃の事実にハマった。
正確には「無い」のではなく、クラスを宣言して代用するらしい。
細かい文法は抜きにして「考え方」を忘れないようにメモっておく。


class clsHuman {
String strName = "";
int intAge = 0;
boolean blnWaki = false;
}

↑グローバルなところにクラスを宣言する。これは他言語と同じ感覚だね。
サンプルとして人物のデータ(名前、年齢、脇の有無)を取得するためのクラスを宣言。

で、実際に関数内で構造体(のようなもの)を使用するときは以下のように宣言する。

void main(){
clsHuman Reinmu = new clsHuman();

Reinmu.strName = "博麗霊夢";
Reinmu.blnWaki = true;
Reinmu.intAge = 15;
}

「Reimu」は構造体変数。この使い方も多言語と同じ感覚で。


 さて、実際にプログラムを組むならば「複数人のデータを1つにまとめて管理したい!」という欲望が出てくる。ArrayList関数に納めるという手もありますが、配列で管理したほうがわかりやすい場合もある。
そんなわけで構造体を配列化したサンプルがこちら↓

void main(){
clsHuman[] Jinbutsu = new clsHuman[3]; //とりあえず3人分

Jinbutsu[0].strName = "博麗霊夢";
Jinbutsu[0].blnWaki = true;
Jinbutsu[0].intAge = 15;
}

はい、これアウトです(ウソだと言ってよ(ry)
「Jinbutsu[0].strName = "博麗霊夢";」の行でぬるぽしちゃいます。

 「直接データ入れてるのになぜNullなんだ??」と疑問に思い調べてみると、
左辺側、つまり「Jinbutsu[0].strName」が存在しないからなんだそうな。

 更に調べてみるとなるほど納得。
「clsHuman[] Jinbutsu = new clsHuman[3]; 」はC言語に例えるならポインタを宣言しただけらしい。
それぞれの要素を更に初期化して初めて構造体変数として使用できる。
わかりやすく例えるなら、校庭に石灰で目印を書いて「ここに箱を置いてね」って状態のまま、実際に箱置いてないからボール投げても入らないよって事。箱を置く(初期化)ことで初めてボールを格納できる。
(オイラの理解の範囲内での解釈なので、鵜呑みにしないように)

 そんなわけで正しく構造体を扱うには、こんな感じに書くといいらしい。

void main(){
clsHuman[] Jinbutsu = new clsHuman[3]; //とりあえず3人分

//配列を初期化
for(int i = 0; i < Jinbutsu.length; i++){
Jinbutsu[i] = new clsHuman();
}

Jinbutsu[0].strName = "博麗霊夢";
Jinbutsu[0].blnWaki = true;
Jinbutsu[0].intAge = 15;

Jinbutsu[1].strName = "霧雨魔理沙";
Jinbutsu[1].blnWaki = false;
Jinbutsu[1].intAge = 13;

Jinbutsu[2].strName = "八意永琳";
Jinbutsu[2].blnWaki = false;
Jinbutsu[2].intAge = 17;

}

別なバグが含まれてるけど気にするな…orz
[PR]
by nana75 | 2009-11-05 00:01 | OTAKU

記事タイトルの文字色を設定する ([blog]exblog)

 exblogの仕様変更で、記事のタイトルにそのタイトルへのリンクが張られるようになり、
文字色がリンク色に変わって見づらくなってしまった。
とりあえず記事タイトルのリンク色を変えることで解決。その解決法をメモる。
(HTMLいじれる人なら簡単に出来ますよ。いじれない人は、まず「CCS 入門」でググれ(外道))

1.スキン編集ページを開き、CSSに記事タイトルのリンク色設定を追加する
 元ネタはこちらaroam氏のコメントより。
CCS内を「DIV.POST_TTL」で検索する。
それが記事のタイトルについての設定なので、その下に以下の設定を追加する。

DIV.POST_TTL A:LINK {COLOR: #000000; TEXT-DECORATION: none;}
DIV.POST_TTL A:VISITED {COLOR: #808080; TEXT-DECORATION: none;}
DIV.POST_TTL A:HOVER {COLOR: #f09629; TEXT-DECORATION: none;}
#(6桁の英数字)のとこは色番号ですので、それぞれ書き換えて下さい。

設定を変更したら、「保存」ボタンを押して設定を反映する。
[補足]
"TEXT-DECORATION"について、タイトル文字を太字にする設定は「DIV.POST_TTL」内でやるほうが吉。
リンク設定内で行うと、意図に反して下線が表示される場合があるので、
当ブログではパラメータを"none"に変えさせていただきました。


氏のコメントならここまでで良いらしいが、オイラのブログでは変わらなかった…orz
試行錯誤の結果、以下の設定を追加することで回避可能。

2.記事全体の「リンク色設定」を解除する
 CCS内を「DIV.POST A:LINK」「DIV.POST A:VISITED」を/**/で囲んでコメント化する。
(消すのは非推奨)
この2つの設定が記事全体のリンク色設定。
設定の優先度が「全体>部分(タイトル、本文など)」なので、とりあえず解除。


3.記事本文および記事フッタのリンク色を設定
 オイラのブログの場合、記事本文と記事フッタ(投稿者とか投稿日とか出てるところ)の
リンク色設定がされてなかったので、2で解除した「DIV.POST A:LINK」と「DIV.POST A:VISITED」をコピペ。
「DIV.POST」の部分を「DIV.POST_BODY(記事本文の設定)または、
「DIV.POST_TAIL(記事フッタの設定)に書換え、自分のブログに合うリンク色を設定する。

4.コメント欄ヘッダのリンク色を設定
 コメント欄ヘッダのユーザ名のリンク色も記事側のタグに依存していたので、
以下のタグを追加して個別に設定する。
DIV.COMMENT_TAIL A:LINK{
COLOR: #4169E1;
TEXT-DECORATION: UNDERLINE;
}

DIV.COMMENT_TAIL A:VISITED{
COLOR: #4169E1;
TEXT-DECORATION: NONE;
}


5.トラックバック欄ヘッダのリンク色を設定
 「記事」タグに依存しすぎ!スキンにもよるんだろうけど。
とりあえず、以下のタグを追加。
DIV.TRACK_TOP A:LINK{
COLOR: #4169E1;
TEXT-DECORATION: UNDERLINE;
}

DIV.TRACK_TOP A:VISITED{
COLOR: #4169E1;
TEXT-DECORATION: NONE;
}


こんなもんで、どうっすか?
[PR]
by nana75 | 2008-01-26 23:35 | OTAKU

暗黒都市Swendieに負けそうな日々の記録をつれづれと…アニメとイーグルスに逃避してorz


by なすのはやて
プロフィールを見る
画像一覧